総量規制対象外スピードキャッシングの基本的なポイント

キャッシングは様々な金融機関から提供されている
使用目的を問われない自由な借り入れです。

最近では、消費者金融系のノンバンクのキャッシングが非常に多く登場してきており、
これらの金融機関からは短時間で現金を借りる事ができるようになっています。
このようなサービスはスピードキャッシングなどとも呼ばれ、
即日で融資が受けられるのが大きな特徴となっているのです。

スピードキャッシングの特徴

このスピードキャッシングというサービスは、保証人も担保も必要ないもので、
返済能力があるということが審査で判断されれば、
即日で融資を受ける事が出来ます。
このスピードキャッシングは、金融機関の行う審査が簡略化され、
融資までの時間が短いもので、この簡潔な審査基準が大きな特徴となっているのです。

通常、キャッシングには数日間程度の審査期間が必要で、
この審査時間という条件に加え、年収の三分の一を超えた借り入れは
できないという規制もあります。これは総量規制と呼ばれるもので、
この範囲を超えた借入れはできない事になっているのです。

銀行キャッシングなら総量規制の影響を受けない

しかしながら、銀行のキャッシングは、この総量規制の対象とはなりません。
その為、銀行で組んでいる住宅ローンや、おまとめローンでの融資は
この規制の対象外となるのです。従って、おまとめローンなどで、
借入残高が年収の三分の一を超えていた場合でも、キャッシングでお金を借りたり、
新たなキャッシングの申込みを行う事は可能になります。